Top > キャッシングの多重債務者について

キャッシングの多重債務者について

キャッシングの整理は、多重債務からうまく脱却し返済しやすくするために必要なことです。借金を整理することを、債務整理といいます。多重債務の結果、収入の範囲内でキャッシングで借り入れたりお金を返済する目途が立たなくなってしまった人や、毎月の返済額を見直したい人が行います。

債務整理をするには、利用中のキャッシング融資を法的効力を利用して条件を一部変えてもらったりすることです。債務整理には、複数の手段があるといいます。

任意整理による債務整理は、裁判所を通さずに司法書士が直接債務者と和解交渉をする方法です。一般的には利息制限法の利率で計算し直した借金の残りを3年をめどに分割返済する方法をとります。返済金額が5,000万円より低く、住宅ローンでないキャッシングの場合は、民事再生法を用いて裁判所で多重債務の整理をします。

また自己破産も多重債務者の債務整理方法の1つです。任意整理などによっても全く返済の見込みがなく、支払い不能が明らかな場合、裁判所に申し立てて債務の支払い義務を免除する手続きです。

倒産や減給が相次ぐ最近は、生活苦のためにキャッシングから多重債務になる話は決して珍しくはありません。現時点でどのくらいの融資を受けており、利息がどうやって増えているか知ることで、多重債務の予防が可能です。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
おすすめのクレジットカード(2015年3月 1日)
女性におすすめのクレジットカード(2015年3月 1日)
クレジットカードのおすすめ特典(2015年3月 1日)
キャッシングの多重債務について(2015年3月 1日)
キャッシングの多重債務を予防する(2015年3月 1日)