Top > キャッシングの多重債務について

キャッシングの多重債務について

消費活動を便利にしてくれるキャッシングですが、多重債務にはくれぐれも気をつけましょう。

ATMなどからカードを使って、個人向け融資を利用するというのが基本的なキャッシングのスタイルです。個人や法人に対してお金を貸しているのは銀行に限った話ではなく、キャッシング会社には消費者金融やクレジット関係の会社などがあります。

キャッシング利用の末に多重債務になってしまう人は増える傾向にあります。何社かのキャッシング会社から同時に融資を受けているため、返済に負担を強いられる状態が多重債務です。目先の返済日の金銭を調達するために、別な他社から借り入れるというスタイルです。借金が借金を呼び込み返済終了の目途が立たなくなることが多重債務状態です。

また、突発的な病気や交通事故などで収入が減り、キャッシング会社からお金を借りなければやっていけない場合もあります。賭け事のためにキャッシングを利用したり、手に入れたい商品を購入する資金として何となくでキャッシング融資を受けたという方も少なくないようです。

何回かそれを繰り返すうち、いつの間にか多重債務になっているというわけです。現在、多重債務になっている人は日本国内で500万人はいると言われており、無視しえない問題となっているようです。キャッシングを利用した時点で多重債務者予備軍であると自覚して、しっかりと自己管理をしていただきたいものです。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
おすすめのクレジットカード(2015年3月 1日)
女性におすすめのクレジットカード(2015年3月 1日)
クレジットカードのおすすめ特典(2015年3月 1日)
キャッシングの多重債務について(2015年3月 1日)
キャッシングの多重債務を予防する(2015年3月 1日)