Top > 住宅ローンの審査が通る条件

住宅ローンの審査が通る条件

審査に通らなければ住宅ローンを利用することはできませんが、1社の審査が通らなかったからといっても、ローンを利用する方法はあります。審査基準は全社共通ということはありませんから、1回の審査で断られたとしても、他社の審査ならば通るという話はごく普通に存在します。

住宅ローンの審査基準は、金融機関によって違いがあるのです。住宅ローンを取り扱っている金融機関は1箇所ではありませんから、1社から断られても次の会社に審査を申込み、住宅ローンを組みましょう。

審査基準が違う以上、同じ条件で申し込んだ場合でも審査を通過する可能性は残っています。勤務先、仕事内容、雇用形態、勤続年数、年収、預金などの資産状況、借り入れ状況、健康状態、社会保険などの加入状況などです。今後、住宅ローンを組む必要があると思っている場合、極力、不要な借金は避けるようにしましょう。

人によっては、予想外に厄介かもしれません。カードを使ってローンを組むような購買行動は、電化製品や装飾品など、そこそこ多いようです。他のローンが完済してあるか、今うけている融資はないかも、住宅ローン審査では問われます。車のローンや教育ローンなど、どうしても必要になってくるローンは仕方がないと判断されるかもしれません。ですが、その他に何社からもローンを作っているようならば、いつの間にか他社借入件数や返済履歴が住宅ローン審査時に抵触してしまうことがあります。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
おすすめのクレジットカード(2015年3月 1日)
女性におすすめのクレジットカード(2015年3月 1日)
クレジットカードのおすすめ特典(2015年3月 1日)
キャッシングの多重債務について(2015年3月 1日)
キャッシングの多重債務を予防する(2015年3月 1日)